2015/11/02

Windows10 Tips

Windows10で個人的に役だったTipsをまとめていく
詳細はリンク先の各記事を参照のこと




クリーンインストール時、Microsoftアカウントで利用を開始するとUserフォルダの名称が
「メールアドレスの先頭5文字」になる。
これを回避したい場合はローカルアカウントで開始してからMicrosoftアカウントと紐付けを行えばよい。
もし既にうっかり意図しない名称でUserフォルダが作成されてしまっている場合は、
新たに別のローカルアカウントを作成し、そこにMicrosoftアカウントを再紐付けする事で解決できる。
ただしこの場合、スタートメニューの並びや各種システムフォルダの"場所"が初期状態に
リセットされてしまうので再設定が必要になる。

参考 : PC設定のカルマ - Windows10 - Microsoftアカウントのユーザーフォルダ名を変更



デフォルト設定では非アクティブなウィンドウでも
カーソルを重ねるだけでスクロールが可能になっている。
便利な一面もあるが、旧来のOSでの動作を前提としたアプリケーションでは
それが逆に意図しない動作の原因になる場合もある。
 (動画再生時、カーソルが動画領域にある時しかホイールで音量操作出来ないなど)
これを8.1以前と同じ仕様に戻すには、
「デバイス設定→マウスとタッチパッド→ホバーしたときに非アクティブ ウィンドウをスクロールする」
をオフにすれば良い。

参考 : Windows10の取扱説明書 - 『Windows10』は非アクティブウインドウのスクロールができる



Windows10ではタイトルバーの色が白色に固定されており、
個人設定からウィンドウの色を変更しても一切反映されないようになってしまった。
これが原因で一部のソフトウェアでは重なったウィンドウの境界が分かりづらくなり、
自分の意志とは違うウィンドウをアクティブ化してしまうというミスが生じるようになった。
これはタイトルバーの色をウィンドウと同期させる事で解決可能である。
手順が多少煩雑なため、詳細は以下のリンクから参照して欲しい。

参考 : Tipsfound - Windows 10 タイトルバーの色を変更できるようにする



Windows10ではシステムフォントがWindow8系のメイリオUIから游ゴシックに変更された。
このフォントはひらがなやカタカナの形状が非常に歪で、醜く、見にくい。
幸い、Windows10のシステムフォントを簡単に任意の物へ変更できるソフトウェアが存在するので
それをここに紹介する。
と、同時に、AdobeとGoogleが共同開発したフリーフォントと、
メイリオからMeiryoKeを生成する差分パッチも併せて記載しておく。

参考1 : Tatsuミュージアム - Meiryo UIも大っきらい!!
参考2 : Adobe会社情報 - アドビ、Googleと協力し、画期的なデジタル書体を発表
参考3 : GitHub - adobe-fonts/source-han-sans (ページ右の「Download ZIP」ボタンからダウンロード可能)
参考4 : MeiryoKe 6.20 rev1


スタートメニューの大きさは、外周をドラッグする事で自由に変更する事が出来る


Windows10で追加されたショートカットキー一覧
参考 : パソコン工房 - Windows 10 ショートカット集